口臭対策のために歯磨きを見直そう

マスクをするようになって、自分の口臭が気になり出した方も多くいらっしゃると思います。

アリートの効果は評判以上!私の子供の口コミと体験談まとめ!

口臭の原因には、歯周病や虫歯、歯垢や食べカスなどによるものの他、鼻やのど、呼吸器、消化器などの内臓疾患によるもの、飲食物、嗜好品などさまざまあります。口臭対策ためには、やはり日々の歯磨きが大切です。

歯磨きの方法について見直してみましょう。まず、正しい持ち方はペングリップ(鉛筆持ち)で、ペングリップによる細かい動きによって、歯垢(プラーク)除去能力がアップし口臭を抑制できます。ただし、必要以上に歯磨きの頻度を増やし過ぎると、歯を傷つけるかもしれないので、歯磨きは一日多くても3回にとどめましょう。

また、歯に挟まった食べカスや歯垢を放置していると、そこから口臭を発生させてしまいます。歯磨きの後は必ずデンタルフロスや歯間ブラシを併用し、歯間ケアを徹底して行いましょう。歯磨き後の口臭の原因は、歯だけではなく舌にも存在します。舌の表面に蓄積する舌苔(ぜったい)は、よくある口臭の原因のひとつです。

舌苔は食事をとることなどによって除去されますが、多量の舌苔は舌ブラシで除去しましょう。それでも口臭が治らない場合は、虫歯や歯周病など口腔トラブル、口腔以外の病気の可能性があるため、歯科や専門医を受診をおすすめします。