温活することによって得られる効果

温活と聞くと体を温める効果があるものとか運動して温めるというイメージがありますが、どのようなものがあるのでしょうか。今回は温活について紹介します。

ビューティーオープナージェル

体の温度を上げることで、免疫力が上がります。また冷え性の対策になるための方法もあり、それを温活と言います。自分は冷え性ではないという方や、暑がりの方は体が冷えないといいますが、それは大きな間違いです。

運動が苦手や、運動する時間が取れない方も、無理なく続けられる体に無理のない温活の方法があります。

 

冷房やお風呂で温まらず、シャワーのみで済ますことが冷えの要因として挙げられます。体を冷やす生活習慣にあることが大きな要因です。冷えたものを取り、また糖分を含む食べ物、果物をよく食べることも体を冷やす原因になります。 冷えの症状として、汗かきや暑がりの方もあります。また血の巡りの乱れと医学の中では伝わっています。特に女性は筋肉量が少なく、筋肉運動による発熱や血流量が少ないことが原因の一つとも考えられ、適切な運動やジョギングをすることにより改善することは可能だと言われています。

湯船に浸かり、簡単なストレッチをする方法もあります。39度のお湯にみぞおちまで浸り、15分ほどゆっくりと半身浴をすることをおすすめします。

最低5分程度湯船に浸かることを心がけてみましょう。気を付ける点が、お湯の温度です。あまり温度を上げすぎると熱いお湯に肩まで浸かると、体に負担がかかってしまうことがあります。それは体が熱を外に逃がすことにより、血管が収縮してしまいます。

私がお勧めするのが、入浴剤です。入浴剤の中には発汗や代謝を促す効果があるものもあり、そのような物を使うことにより短時間で効果を得ることができます。

冷え性対策に生姜が注目を集めています。辛味の成分であるジンゲロールに強い殺菌作用があるほか、血行の促進作用があると言われており、体の温かさや冷えを改善していく効果があると言われています。さらに新陳代謝を活発にし、体調管理をしっかりできます。炎症を抑える作用もあり、関節痛やリウマチに効果があるとも言われています。

 

このようにたくさんの温活があります。