バストの理想と現実

私は子供の頃から、胸のバストが小さい方でした。

しかし、お母さんと妹はバストが大きい方なので、私もいつかは

大きくなるんだろうなと心の底では思っていました。

それでも、だんだん大人になってきて、胸の方を見ても

子供の時からバストが変わらず、そのまま今に至ります。

やっぱり、理想と現実は悲しいほどに違い、私の理想はバストは

Dカップぐらいになると、子供の頃から思い込んでいました。

なので、正直に気持ちを表すと、なんで私一人だけがバストが小さいんだろうと

僻んでばかりいました。今でも、お母さんと妹がもちろん羨ましいですが、

これも現実として受け止めたいです。

私は、誰かをみて羨ましいがるよりも、現実をしっかり向き合い、受け止めて

いきたいと今は感じる次第です。

なので、子供の頃に思っていた理想とは、大きくかけ離れていますが、

これも現実で受け入れて、自分のバストをこれでもいいと褒めてあげたいと

思います。

また、子供の時から抱いていたバストが小さいという感情は、いまは

私にとって、小さくてかわいい体の一部というに思えるようになりました。

なので、これからも自分に自信を持ち、体の一部であるちいさな胸を愛しく思い、

大切にしてあげたいなと感じます。