続けているダイエット

ダイエットというと、急に食事を制限したり運動を始めたりしなくてはならないような気がしますよね。グラマラスタイル

理想的な体重まで減らすのがダイエットだと思うからなんでしょう。

でも本来はダイエットって、基本は理想的かつ健康的な体重やスタイルを維持するためのものであって、自分の希望する体型になったらダイエット終了!というものでもないと勝手に思ってます。

私がダイエットしてます!と他人にいうと絶対に嫌味と受け取られます。

なんたって私は比較的常に痩せてますから。

聞いた人はダイエットなんて必要ないのに、とか怒ってしまうこともあるしそれ以上痩せるとか逆に危ないとか言われます。

ほとんどの人はダイエットしてますというと、もっと痩せようとしてますって言ってるのと同じ意味でしか受け取らないので。

でも私は、これ以上痩せようとしてません。

私は今の体重で満足しているのです。

だからそれをそれより減らす事も増やす事もなく維持していきたいと考えています。

そのために、食べ過ぎないこと、食べなさ過ぎないこと。

そして健康的な状態を保つため無理のない運動を週2日以上するように心がけています。

それが数年前からの私のダイエットです。

20代までの若かりし頃は私も、ダイエットすると決めたら食事減らしたり筋トレしたり走ったり、ダイエットサプリを購入して飲んだりしてました。

実際痩せたい気持ちが強かったから。

けれど30代も半ばを超え、ダイエットは期間を決めて始めて、いずれやめるものではなく続けていくものだと思うようになったんです。

今後もダイエットは健康的な自分を維持するために続けていくつもりです。

他人にはダイエットしてるとか言わないように、日々気をつけつつ。

白髪が生えるメカニズム

白髪の主な原因は、華麗によるものや環境的要因によるものと言われていますが、遺伝や病気によっても生えてきます。ボタニカルエアカラーフォームはマツキヨやドンキなどで購入できる?私の口コミを徹底的にレビュー!

これまでは、遺伝や病気以外の白髪の原因は華麗によるものと言い切り、あまり解明されていなかったのが現状です。白髪と同じ髪の悩みで「薄毛」がありますが、近年はAGAなど薄毛に関する治療薬は原因に合わせて開発されるなど治療方法が進化しています。

しかし、白髪に関しては特効薬といわれるものは開発されていないのが現状です。毛髪の色素細胞などの視点からアプローチした研究が行われれば、白髪の原因は解明される可能性が高くなります。

そうすれば、未来で白髪に関する有効な解決方法が見つかるかもしれません。現在明らかにされている仮説としては、毛髪ないのメラニン色素が影響している子とが有効な仮説としてあげられています。人間の毛髪は、メラニン色素の量できると言われています。

白髪になりやすい人は「メラニン色素」が少ない傾向にあります。逆に人間の通常の髪色である黒髪の人は「メラニン色素」の量が多いと言われています。若い頃にカラーリングやブリーチなどをしている場合、メラニン色素が極端に減少し、将来白髪が生えやすくなると考えられます。

ほうれいせんをなんとかしたい

私はここ数年でほうれい線のほりが深くなり、なんとかしたくて、色々化粧品をためしてます。高い化粧品だからといって
改善されるかというとそうではないということがよく分かりました。

チェルラーブリリオ

今、少し効果が出てきている化粧品が白酵です。プラセンタエキスが原液
が良いのでしょうか。今まで使っていた美容液の半分の値段です。また、おまけもよくつけてくれるので感謝感謝です。そのおまけを注文するとは
思いませんが、結構な量をおまけしてくれるのでとってもありがたいです。プラセンタの効果のひとつにアンチエイジングの効果があります。これをつけた
からしわがとれるわけではありませんが、体中の細胞の細胞分裂を活発化させ、新しい細胞をどんどん増やしてくれます。

ですので、皮膚の細胞を若返らせる
お手伝いをしてくれるので、プラセンタを使うのと使わないのとでは全然効果が違うようです。だから、すこーし効果がでたのかもしれませんね。また、つけおわったあと
本当に皮膚が生きている感じがしました。半年か1年は使ってみようと思います。肌はそんなにすぐに効果はあらわれないですからね。
これで効果が表れなかったら使うのを辞めようと思います。いつもの安い化粧品だけに戻ることと思います。

少量のお米で満足!野菜たっぷり雑炊ダイエット!

私が実際に1ヶ月試して4kg痩せたダイエット方法を紹介します!
まず、初めに同じものをひたすらに食べ続けるダイエットになります。最初は私も無理だな…と思っていたけど、おかずは少量(自分が少量だと思う量)くらいならOK!と言う激甘ダイエットです!笑
このダイエットが向いている人は「お米が大好きな人」です!

グラマラスパッツ・グラマラナイトスリムの効果は?購入して使用した私の口コミ&評価!

私は、お米が大好きで焼肉屋さんなんて行った日には、軽くご飯大3杯はおかわりするくらい、お米が大好きです!!
日々の炭水化物の量をどうしても取りすぎてしまうので、今回はお米の量を減らせそうな「雑炊」ダイエットにチャレンジしてみました!
材料は、
ミツカンさんの寄せ鍋つゆの素

白菜、人参、椎茸、エノキ、しめじ、大根、こんにゃく、鶏肉、春菊です。
これだけ、野菜が入っていれば栄養は大丈夫でしょ?っと勝手に、何でもかんでも入れてみました!笑
これらを細かく刻んで寄せ鍋つゆの素でグツグツ煮て出来上がりです!結構たくさん量が作れるので、一回作れば一週間は足りると思います。
そして、炊いてあるご飯60gを水で洗って、その上に雑炊をかけて食べます。ご飯の量が60gって少なくないかな?って最初は思っていたんだけど…物凄く満足感があって、むしろ、少し多かったな。。っと思った程でした。ご飯の量は、どんどん自分で調整して減らしていく事で、摂取カロリーを減らしてるぞ!っと、謎のモチベーションに繋がりました!!おかずは、少量だな!っと思う量なら何を食べても良いので、無理なく1か月続ける事が出来て、4kg痩せる事が出来ました!

他人と比較しないで

他人と自分のカラダを比べることには何の意味もありませんよね・・・。他人は他人でしかないですから自分と比較すること自体基準がずれています。だからバストについても他人と比較するようなことはやめました。年々他人と自分を比べることがなくなっていき今は生きるのがラクになっています。

バストは他人と比べがちです。見えなければ比べようがないですが見えない分想像してしまいがちですね。銭湯などで直に見えてしまうとこれは比較してしまいやすい・・・。だからわたしは銭湯へ行かなくなりました。自宅のお風呂を過ごしやすいようにしているので銭湯へ行かなくてもまったく困りません。行かなければ他人と自分のカラダを比較することがなくなるので、どうしても比較してしまう人は裸になる場所には近づかないことをオススメしますよ。

服の上から他人のバストを想像して比較してしまうならよほどコンプレックスを感じているのだと思います。でも、バストの大きさとか形って運動してもマッサージしてもほとんど変化しないんですよ・・・。最後の手段は体重を増やすことなのですが、あまり体重を増やすとお腹や背中に肉が付くため結局バストの変化がわかりにくくなります。

小さい胸だけが悩みじゃない!!

私はずっと大きな胸が悩みでした。

夏場の薄着の時期には、胸に視線が行きやすく、また、冬場にセーターを着れば胸が膨張してみえ、見栄えが悪い…。

小さく見えるブラなどを買ってみるものの、うまくいかず…。

胸が大きいと肩は凝るし、男性には誘っていると思われてしまうし、好きな服やかわいいブラは売っていません。貧乳の人から見れば、うらやましい悩みなのかもしれませんが、かなり悩んでいます。

デメリットばかりあげてきましたが、メリットもあります。男性ウケがよく、モテるですとか、美意識が高いと思われるとか、メリットも十分にあります。

では、なぜ胸が大きい人と小さい人と同じ女性なのに差があるのでしょうか?

それは生活に差があるようです。

普段からマッサージをしていたり、お肉が好きな人や豆乳が好きでよく飲む人は大きくなるそうです。

しかし、大きくなった胸を小さくする方法はなく、強いて試せることと言えば、洋服のチョイスです。

例えば、浅いVネックなどトップス。首元を少し開けてあげることですっきり見せる効果があるそうです。

他にも、膨張色を避けたりすることやボトムスをボリュームのあるものや派手なものに変えてみるのもいいと思います。

骨格ウェーブやせ型のバストアップ方法

昔からバストが小さいことが悩みでした。

ただ、ずっと不思議だったのですがカップ数は小さくなかったのです。

カップ数と見た目が合っていないと悩んでいたのですが、最近になって自分が骨格ウェーブという骨格をしていることを知り納得しました。

上半身の骨格が平たいので、バストもそのまま横に広がっていたのです。

考えてみたら寝転ぶとバストは横に流れていっていました。

更にやせ型の脂肪がつきにくい体質ということもあり、カップ数と見た目があっていなかったのです。

カップ数とは合わなくても見た目を今よりボリュームアップさせたい!と思い、いろんなことを試しました。

豆乳を毎朝飲むことから、いろんな種類の育乳ブラを試しました。

しかし、残念ながら効果は出ませんでした。。。

肝心の脂肪がついていなければ、豆乳を飲んでも育乳ブラをつけても効果は出ないのは当たり前です。

それに気づくまで1年以上かかりましたが、脂肪をつけることから始めました。

しかし、いきなり食べる量を増やすことはなかなかできないので、カロリーがありタンパク質の豊富なものを少しずつ取り入れることにしました。

朝の豆乳を牛乳に変えて、チーズも食べることにしたのです。

そうすると少しずつですが脂肪がついてくるようになり、ふっくらしてきたのです!

また、タンパク質をとることで肌も綺麗になってきました。

いろんなことを試してみましたが、身近にあるものでバストアップにつながるものがあるとは盲点でした。

これからも続けたいと思います!

バストの理想と現実

私は子供の頃から、胸のバストが小さい方でした。

しかし、お母さんと妹はバストが大きい方なので、私もいつかは

大きくなるんだろうなと心の底では思っていました。

それでも、だんだん大人になってきて、胸の方を見ても

子供の時からバストが変わらず、そのまま今に至ります。

やっぱり、理想と現実は悲しいほどに違い、私の理想はバストは

Dカップぐらいになると、子供の頃から思い込んでいました。

なので、正直に気持ちを表すと、なんで私一人だけがバストが小さいんだろうと

僻んでばかりいました。今でも、お母さんと妹がもちろん羨ましいですが、

これも現実として受け止めたいです。

私は、誰かをみて羨ましいがるよりも、現実をしっかり向き合い、受け止めて

いきたいと今は感じる次第です。

なので、子供の頃に思っていた理想とは、大きくかけ離れていますが、

これも現実で受け入れて、自分のバストをこれでもいいと褒めてあげたいと

思います。

また、子供の時から抱いていたバストが小さいという感情は、いまは

私にとって、小さくてかわいい体の一部というに思えるようになりました。

なので、これからも自分に自信を持ち、体の一部であるちいさな胸を愛しく思い、

大切にしてあげたいなと感じます。