男でも肌のトラブルはあります。

女性と比べると圧倒的に少ないとは思いますが、男でも肌のトラブルを抱えている人は存在し、現に私もその1人です。http://www.artsatkit.com/

私が気になり出したのは36歳になってからです。最初は顔にひとつニキビができていただけなのですが、あっという間にそれが顔全体に広がり、今では10個以上のニキビができています。しかもニキビだけでなく、首と胸のところにイボのような吹き出物もできました。

なぜこんな物が急にできたのか?理由を考えていましたが、加齢による肌トラブルの他にも体重が増加した事も影響していると考えました。

そして体重が増えたにも関わらず、運動量が低下したのも関係していると思います。

ネットでメンズ用の美容液を購入して塗布してみようとも考えましたが、それよりもまずは体重を落とす事が重要だと思ったので、対策を考えました。

実は25歳の頃にも一度、体重が10キロ近く増加した事もありましたが、この時は食事制限だけで改善する事ができました。とはいえ今の年齢を考えると、食事制限だけでは不十分だと思います。そのため、食事制限と同時に運動を取り入れる事にしました。

幸いな事に自宅に階段があるので、1日に20分の踏み台昇降を行う事にしました。

まだ初めて数日なので結果が出るのはまだ先ですが、体重を落とした後に美容液を購入し、ケアを行っていきたいと思います。

妊娠中の肌トラブルの代表、シミ!

妊娠するとシミができやすくなることはご存知でしょうか?
妊娠中に放出されるプロゲステロンがメラノサイトを刺激して色素沈着を促進してしまうことが原因です。ラントゥルースを購入
私は5月末に妊娠発覚して、紫外線の強い夏に妊娠初期を過ごしました…。

小さいころからそばかすがあるので、高校生のころから日傘を差して対策したり、アウトドアの時には日焼け止めの強いやつを塗りたくったりケアをしていました。
おかげで20代半ばまでシミやそばかすが増えることはなかったのですが、妊娠&夏の紫外線に負けて「こんなところに!?」シミが…!ショックでした。

もちろん日焼け止めは塗って、日傘も差していました。本当に少し気を抜いていた時でしょうか。
メイクをするときに気付いたのです。

眉毛のすぐ下、眼窩の骨の上縁の顔の中心寄りに!シミが!しかも左右両方!!

普通そんなところできます?
顔の凹凸が少なく、扁平な顔をしていますが、目の彫がないから紫外線も攻めやすかったのでしょう。
顔平族を認めざるを得ない真実にショックですぐ旦那に報告しました。
傍から見たら気にならないそうですが、アイシャドーを塗っていると気になる場所。
コンシーラーも乗せにくい場所なので、妊娠が終わり次第ビタミン接種して消えるのを待つしかないですね…。つらーい!

40代になりしわ対策をがんばっています。

20代はニキビで悩んでいたのですが、40代まじかになって、お肌の悩みはやはりたるみになってきました。

特に私はほうれい線がひどくて、38歳なのに、47歳ぐらいって言われたことがあり、本当にショックでした。

そして、肌が薄くて、老け顔になりやすいんです。細かなしわがたくさんあることで、一気におばさん顔に見えるんだろうなとおもっています。

http://www.oratorium-stellamaris.com/

なので、最近はデパートの少し高いところでスキンケアをそろえることにしました。しかも、しわ改善がみられるようなタイプの美容液も使用しています。

15グラムぐらいなのに一万超えの私にとってはとーーっても高い美容液です。。でも、それを使うことで目元周りのしわが少し改善されていったんです。

これは本当によかったなとおもっています。

週に一回ぐらいはパックもするようにしています。お風呂から上がったらすぐにパックをして、その状態で髪を乾かします。

そして終わったぐらいにはずして、本格的なスキンケアをするようにしています。乾燥がひどい冬などはしっとりタイプのパックを週に二回ぐらいするときもあります。

お金はだいぶかかるようになってしまいましたが、未来の自分への投資をしてとても必要なことだとおもっています。

私のダイエットのきっかけ

私が20代後半の頃、1年かけて15キロ?せた時の話です。子供の頃から肥満児で家族全員が肥満体型でした。?せるなんて思った事もなっかったです。母が膝を悪くし、病院にかかるようになった時ダイエットメニューを貰ってきました。それは「2週間炭水化物抜きダイエット」でした。

グラマラスパッツ

茹で卵、グレープフルーツは一日に何回食べても良い。赤身のお肉、野菜は味付け無しで食べる。1週間に1回だけ食パン1枚はOK。という内容でした。母は最初「出来ない」と言っていたのですが私が「一緒にやるから頑張ろう!」と励ますつもりでスタートしました。友人にもダイエット宣言して2週間の間は食事に誘わないで欲しいとお願いしました。

最初の3日目くらいは卵もグレープフルーツも好きだったので大丈夫だったのですがそれ以降は、頭がぼーっとしている感じで仕事にも集中出来ていなっかったように思います。1週間が終わる頃、体重が減り始め愉しくなってきました。運動は特にしませんでしたが仕事が飲食店の配膳だったので動き回っていました。周りの人たちからも「顔が?せたんじゃない?」といわれ始め、益々愉しくなってきました。2週間が終わったとき、3キロ?せていました。

それからスポーツジムに通い始め1ヶ月マイナス2キロのペースで1年かけて15キロ?せました。?せたので着たい服が着られるようになった事が1番嬉しかったです

目の上のくぼみは老けて見える!?

目の上のまぶたの凹みを気にされた事はありますか?

巣顔美人

私の家系は、母親祖父母ともに目の上がくぼんでいました。

時々、テレビや、街を歩いていても、目の上がくぼんでいる方を見かけることがあります。

テレビで見る女優さんなどは、目の前上がくぼんでいても、お化粧で、浮気顔をうまく隠しているような気がします。

目の上の凹みはやはり老けて見えると言う印象を私は受けていますが、このことでお悩みの方はどのように対策をされているのでしょうか?

やはり私の家系のように遺伝なので仕方がないのでしょうか。

特に、パソコン作業なので目をたくさん使ったり、寝不足だったりした日は、朝から目の上がくぼんでいます。

目の上の筋肉を鍛えたらいいと言う口コミもよく聞きますので、体操もしてはいるのですがあまり効果は感じられません。

このままいくと5年10年と経つうちに、もっともっと目のくぼみが大きくなるのではないか、浮気顔になるのではないかととても残念に思っています。

何か良い方法があればと思ってはいるのですが、なかなか改善策は見当たりません。

一応、いつまでたっても綺麗でありたいと言う気持ちは変わりませんので、目の上の筋肉を鍛える体操や、また保湿は大事と聞きますので、怠らないように努力をしてみようと思っています。

若い頃からの肌の悩み

私には長年悩んでいることがあります。それは、鼻の頭のテカりです。アスハダを3ヶ月間使った効果と口コミ評価!市販の実店舗では購入可能?

私の肌は全体的には乾燥肌寄りで、冬はカサカサになってしまうくらいなのですが、何故か鼻の頭だけは皮脂汚れがすごいんです。それは若い頃からずっとで、30代になった今でも続いています。

もちろん、鼻の頭をケアするスキンケアやメイク、洗顔など、色々なことを試してみましたが、改善されません。メイクをするとひどくなってしまうので、肌に合うファンデーションを探すのにも苦労しましたし、今でもメイクを長時間していると、かなりのテカりが出てしまいます。

最近はマスクをする機会も増えてきたのでメイクは控え目になってきましたが、それでもファンデーションを塗ることに抵抗があります。頬や顎はカサカサの乾燥肌なので、乾燥肌のスキンケアを続けている状態ですが、鼻のテカりは相変わらずです。

どうすれば改善するのかと、ずっと悩んでいます。鼻のテカりに悩んでいるという人はけっこう居ると思うのですが、私の周りにも悩んでいる人はいても、「改善した!」という人の話はなかなか聞けません。今後も自分なりのスキンケアは続けていこうと思いますが、なかなか難しそうです。同じ悩みを持つ人は多いのに、未だに解決策は見つかってません。

ニキビに打ち勝つために大事なこととは…!?

私は現在22歳。まだ「ピチピチしてる!」と言われる年齢かもしれません。実際に私自身も、まだまだ人生これから!若い!と思っているのですが「お肌」に関する悩みは尽きないものです…。

FACEEリキッドセラムプラスの効果と私の口コミ!使い方や肌ざわりなど細かくレポート!

そんなお肌の悩みで、一番私を苦しめているものがあらます。それは「ニキビ」です。

私は色白なことが昔から自慢だったのですが、中学生になった途端、思春期とともにやってきた大量のニキビ!色白ゆえに目立つ目立つ!ニキビに効く洗顔料は、某有名ブランドのものから口コミで有名なものまで沢山使ってきました。しかしながら、ニキビ肌向けの洗顔料は脂性肌向けのものが多いのか、乾燥肌で敏感肌の私には合わないものも多かったです…。

ニキビを治すために使っているのに増えるニキビ。謎の肌荒れ。追い討ちをかけるように出来るクレーター。つい気になって潰してしまうことが沢山ありました。

今でも後悔しています。そんな格闘を続ける中で、私が導き出したニキビへの対処法は、①触れないこと②潰さないこと③シンプルなスキンケアを心がけること④ストレスを溜めないこと⑤質のいい食事・睡眠をとることです。

まとめるとニキビがあることを意識しすぎずに、出来るだけ自然に過ごすことです。ニキビがあるからと気にして、触ったり潰したりスキンケアを必死に行うのではなく、ニキビができたって仕方がない、そのうち治ると考えることが大切だと思います。

ストレスと上手く付き合いながら、自分の元の肌質に合うスキンケアを行い、栄養バランスを考えた食事や質のいい睡眠を心がけることがニキビ改善に繋がると、私は思います。ニキビの存在を意識せず、健康的な生活を意識することが「打倒!ニキビ!」に繋がると思います。気長に上手にニキビさんと付き合っていきましょう!

35歳を手前に髪の悩みは加速すると言っておきたい。

天然パーマ&剛毛。今までも自らの髪質には悩んできましたが、

35歳を目前に白髪と薄毛についても頭を悩ませることになりました。

http://www.chouette-yakuin.com/

まず、シャワーを浴びた時に露わになる頭皮の比率が

20代のことの比ではありません。

今までは天然パーマ+剛毛でふさふさ以上のクオリティを

実現していた私ですらも、いつこうなったのかわからない

速度で薄毛は進行していきます。

「うわーキちゃってるなー」と、まじまじと生え際を確認した時に

発見される想像以上の白髪の本数が更に絶望を深くさせるのです。

きっとあなたも例外ではないと思います。

これまで頭皮のケアに力を入れていたというわけではないので、

まだまだ取り換えるかもしれない。

そんな確証の無い希望にすがりながら日々を生きていくしかありません。

不景気の世の中、最低限の以上の外見を保とうとすることは贅沢なのかもしれません。多くの方は私のように「夕食にわかめを食べる」レベルのことしか行っていないのだと思います。※注:個人の勝手な意見です。ごめんなさい。

ただ、何か出来ることがあればやってみたい。

できれば最低限の労力とコストで。そう考える人が爆発的に増える時期。

それが35歳を手前にしたタイミングなのではないのかと思うのです。